ワードで席札を作る

こめこのページでは、ワードで席札の原稿を作る時によく使う操作方法についてまとめています。席札のアイディア席札の差し込み印刷のページも参考にどうぞ!※このページの操作説明はワード2010のものです

ジッパー席札

用紙サイズや向きの設定

ワードの用紙サイズはA4縦長が初期設定です。これを席札の形に合わせて横長にしたりA5サイズにしたりする方法は以下の通りです。

ページレイアウトタブ

原稿の向きや大きさの変更はページレイアウトタブで行います。ページレイアウトタブ内にある「印刷の向き」ボタンをクリックすると縦長か横長かを選択できますし、「サイズ」ボタンをクリックするとA4以外のサイズに変更ができます。

印刷の向きで縦長と横長を選択
「印刷の向き」ボタンをクリックすると縦長か横長かが選べます
サイズで用紙の大きさを選択
「サイズ」ボタンをクリックすると用紙の大きさが選べます

図形の作成

席札の原稿を作る場合はまず席札と同じ大きさの図形を描き、それを基準にしてテキストなどを配置していくのが基本です。従って図形の大きさはミリ単位で調整する必要があります。この章では図形を描き、さらに思い通りの大きさや色にする方法を説明します。

図形の作成

図形を作成するには、まず挿入タブで図形ボタンを押すと現れるメニューで作りたい図形を選択します。それから作業画面上の適当な場所をドラッグしてください。正方形や真円など、縦と横の長さを同じにしたい時はシフトキーを押しながらドラッグです。位置や大きさは後で自由に変更できます。

描きたい図形を選択
「図形」ボタンを押して描きたい図形を選びます
ドラッグで図形を描く
作業画面を斜めにドラッグすると図形を描くことができます
真円はshiftキーを押しながらドラッグ
真円や正方形はshiftキーを押しながらドラッグ

サイズ及び角度の調整

図形を選択した状態で外周にカーソルを合わせると移動やサイズ変更が行えます。カーソルが十字になっている時にドラッグすれば移動、両矢印キーになっていればサイズ変更です。また緑のハンドルにカーソルを合わせてドラッグすると回転します。

カーソルが十字なら移動
カーソルが十字の時にドラッグすると図形移動します
両矢印でドラッグはサイズ変更
両矢印の時にドラッグするとサイズが変わります
カーソルを回転ハンドルに合わせる
緑のハンドルにカーソルを合わせてドラッグすると回転します

正確なサイズ指定

席札とピッタリ同じ大きさの図形を描きたい時などは、図形を選択した時に現れる「書式タブ」にあるサイズという項目に数値を入力すれば100分の1ミリ単位で図形の大きさを指定できます。角度も同様に回転という項目で数値入力します。

ワードで図形のサイズを数値指定
書式タブのサイズという項目で図形の大きさを数値指定できます
ワードで図形の回転を数値指定
書式タブの回転という項目で図形の傾きを数値指定できます

形を変える

三角形や台形など選択した時に黄色の頂点が現れる図形は、その頂点を動かす事で形を変化させる事ができます。この方法では数値入力などは行えないので、アバウトな調整となります。

黄色い頂点を使った変形
黄色の頂点を移動させると図形が変形します

色調整

ワードで図形を描くと標準では色が付いていますが、席札の原稿ではこの色が邪魔になる事が多いです。色を消したり変更したりするのは、図形を選択すると現れる「書式タブ」にある、「図形の塗りつぶし」または「図形の枠線」という項目で行います。

図形の塗りつぶしと図形の枠線ボタン
図形の塗りつぶしや図形の枠線で色を変更します

透明度

「図形の枠線」の下方にあるランチャー(小さい四角)をクリックするとダイアログボックスが現れ、例えば図形の透明度などさらに細かい調整が行えます。

ダイアログボックスランチャー
四角をクリックでダイアログボックスが現れます
透過性の調整
図形の透明度などが調整できます

頂点の編集

作りたい席札が複雑な形をしていると、ワードに用意されている図形では対応できない事があります。そんな場合は「頂点の編集」機能を使うと、図形メニューに無い図形が作れます。この章では円弧やハートを「頂点の編集」機能で作成してみます。

円弧の作成

図形メニューに円や半円はありますが、円弧はありません。でも「頂点の編集」機能を使えば円から簡単に円弧が作れます。

半円と円弧
半円ではなく円弧を作ります

まず円を作成し、塗りつぶしで「なし」を選んで線だけにします。その円を選択した状態で書式タブの「図形の編集」メニューをクリックし、さらにドロップダウンメニューで「頂点を編集」を選択します。すると円の外周上に4つの黒い点、頂点が表示されるので、この頂点を調整して円弧にします。円の作り方や塗りつぶしが判らない時は図形の作成の章を参考にしてください。

頂点の編集
図形の編集メニューで「頂点の編集」を選択します
頂点
4つの頂点が表示されました

円弧を描いている線(パスと言います)は両端が切れていますが、円には切れ目がありません。なのでまず円のパスに切れ目を入れます。円の頂点にカーソルを合わせて右クリックすると新しいウィンドウが現れますので、その中の「開いたパス」という項目を選択してください。頂点が2つに分かれ、円に切れ目が入ります。

円弧のパス
円弧のパスは両端が切れています
開いたパス
頂点の上で右クリックして「開いたパス」を選択
円のパスが切れた
円に切れ目ができました

あとは余計な頂点を削除するだけです。円の切れ目にある頂点にカーソルを合わせて右クリックし、現れたメニューで「頂点の削除」を選んでください。頂点とそこから伸びていたパスが無くなり、きれいな円弧になります。

2つの頂点を削除
2つの頂点を削除します
頂点の削除
削除したい頂点にカーソルを合わせて「頂点の削除」を選択
円弧の完成
きれいな円弧になりました

ハートマークを作成

図形メニューにハートは用意されていますが、席札で使うにはちょっと味気ない感じです。頂点を編集して可愛いハートマークにしてみます。

ハートを改造
このハートを改造します

「図形」メニューでハートを作成し、そのハートを選択した状態で書式タブの「図形の編集」メニューをクリックし、さらにドロップダウンメニューで「頂点を編集」を選択して頂点を表示させます。ハートの作り方が判らない時は図形の作成の章を参考にしてください。

頂点の編集
図形の編集メニューで「頂点の編集」を選択します
ハートの頂点
ハートの頂点が表示されました

頂点をクリックするとハンドルが現れますので、これを動かしてみてください。ハンドルの動きにあわせてハートの形も変化します。これでハートの形が自由に変えられるようになりました!

ハンドル
頂点をクリックするとハンドルが現れます
ハートの形が変わる
ハンドルを動かすとハートの形が変わります

ネームタグの作成

図形に頂点を追加すれば、より自由な作図を行う事ができます!作例として簡単なネームタグを作ってみましょう。

ネームタグ
この形を作ります

まず「図形」メニューで長方形を作成し、その長方形を選択した状態で書式タブの「図形の編集」メニューをクリックし、さらにドロップダウンメニューで「頂点を編集」を選択して頂点を表示させます。長方形の作り方が判らない時は図形の作成の章を参考にしてください。

頂点の編集
「頂点の編集」を選んで長方形の頂点を表示させます
長方形の頂点
長方形の頂点が表示されました

カーソルが長方形の辺上にある状態で右クリックすると新しいウィンドウが現れるので、その中の「頂点の追加」を選択します。すると長方形に新しい頂点が生成されます。

頂点の追加
右クリックすると現れるメニューで頂点の追加を選択します
新しい頂点
新しい頂点ができました

あとは新しい頂点を移動させるだけでネームタグ完成!グリッドと併用すれば複雑な図形も描けるので、席札の図面を作るには非常に便利な機能です。

頂点の移動
新しい頂点を移動させます
ネームタグの完成図
中にテキストを配置してみました
ワードで描いた展開図
グリッドと組み合わせれば展開図も簡単!

テキストの配置

席札の原稿を作る場合、ゲスト名や挨拶文は自由にレイアウトする必要があるので、まずテキストボックスを作ってその中に入力するようにします。テキストボックスは図形同様に大きさや色を変えたり、移動や回転をする事が出来ます。

テキストボックスの作成

テキストボックスを作成するにはまず挿入タブで図形ボタンを押し、現れるメニューで「テキストボックス」を選択します。続いて作業画面上の適当な場所をドラッグすればOK!作成したテキストボックスを選択した状態でキーボード入力するとテキストが生成されます。

図形メニューでテキストボックスを選択
図形ボタンを押してテキストボックスを選択します
斜めドラッグでテキストボックスを作成
作業画面を斜めにドラッグしてテキストボックスを作成します

サイズや角度及び色の調整

テキストボックスは図形扱いなので大きさや角度、色などは図形と同じ方法で変更できます。詳しくは図形の作成の項でご確認ください。

テキストの入力
テキストボックスは移動や回転が簡単

オブジェクトの選択と表示/非表示

ワードで席札の原稿を作成していると、図形やテキストボックス(以下オブジェクトと呼びます)が重なっているために思い通りにオブジェクトが選択できない場合があります。そういう時はホームタブ内の選択メニューにある「オブジェクトの選択と表示」を使って下さい。

重なった図形
重なっている図形からひとつだけ選択するのは難しい!
オブジェクトの選択と表示
選択メニューで「オブジェクトの選択と表示」を選びます
オブジェクト一覧の画面
一覧にあるオブジェクト名をクリックすると図形が選択できます

Ctrlキーを押しながらオブジェクト名をクリックすれば、複数のオブジェクトを同時に選択できます。オブジェクトを一時的に非表示にする事も出来るので、ガイドの線などを印刷の時だけ消すのにも便利です。

複数選択
コントロールキーを押しながらクリックすれば複数選択
一覧でオブジェクトを非表示
目玉マークをクリックすると図形を一時的に消す事ができます

グループ化

グループ化は、複数の図形やテキストボックス(以下オブジェクト)を一つのオブジェクトとして扱えるようにする機能です。移動や複製をしてもグループ内のレイアウトが保持されるので、席札の原稿を同じページ内に並べて印刷する時などには非常に便利です。グループ化させるには、複数のオブジェクトを選択した状態で書式タブ内にあるグループ化というボタンを押してください。グループ化はいつでも解除して、元のパーツに分解できます。

複数のオブジェクトを選択
グループ化するには、まず複数のオブジェクトを選択します
複数のオブジェクトをグループ化
書式タブ内にある「グループ化」ボタンを押せばグループ化完了!
グループ化したオブジェクトを複製して整列
グループ化は複製して並べる時には非常に便利!

オブジェクトの整列

図形やテキストボックス(以下オブジェクトと呼びます)を整列させるには「配置」という機能を使うのが便利です。席札の原稿作りには欠かせない機能ですが、ちょっとクセがあるのでこの章ではその使い方をくわしく説明します。

ワードで配置機能を使う
配置の機能は書式タブの配置メニューにまとめられています

左揃え

左揃えはオブジェクトを左合わせで整列させる機能です。複数のオブジェクトを選択した状態で左揃えをクリックすると、選択しているオブジェクト群の一番左端を基準にして全オブジェクトが揃います。右揃えや上、下揃えも同様の規則性で整列します。図形が意図しない場所に移動してしまう場合は配置メニューで「選択したオブジェクトを揃える」にチェックを入れてからやり直してみてください。

左端揃えの説明
選択したオブジェクトの一番左端は赤矢印の位置なので
左揃えを適用
「左揃え」を適用すると上の図の様に整列します
選択したオブジェクトを揃える
「選択したオブジェクトを揃える」にチェックが入っていますか?

ページ端との左揃え

左揃えを行う際に配置メニューの「用紙に合わせて配置」にチェックを入れておくと、オブジェクトはページの左端を基準に整列します。この機能はオブジェクトがひとつだけの時にも使用できます。また右揃えや上、下揃えでも同様の規則性で整列します。

用紙に合わせて配置
ページを基準に整列させる時は「用紙に合わせて配置」をチェック
ページを基準に左揃え
オブジェクトがページ左端に整列しました

左右中央揃え

左右中央揃えは選択したオブジェクトを真ん中合わせする機能で、ゲスト名を席札の真ん中に配置したい時などによく使います。オブジェクトを一つだけ選択した状態で左右中央揃えを適用した場合、真ん中合わせの基準は用紙になります。

オブジェクト単体に左右中央揃えを適用
単体のオブジェクトに左右中央揃えを適用すると
オブジェクトは作業画面の中央に移動
オブジェクトは作業画面の中央に移動します

複数のオブジェクトで左右中央揃え

複数のオブジェクトを選択した状態で左右中央揃えを適用すると、オブジェクトの両端を基準にした中間地点で全オブジェクトが整列します。ただし、配置メニューの「選択したオブジェクトを揃える」にチェックが入っていない場合、オブジェクトは用紙の両端を基準にした中央に集合します。上下中央揃えの場合も同様の規則性で整列します。

複数オブジェクトに左右中央揃えを適用
複数オブジェクトに左右中央揃えを適用した場合は
複数オブジェクトに左右中央揃えを適用した結果
オブジェクト群の両端を基準にした中央に整列します
「選択したオブジェクトを整列」が未チェックの時は用紙中央に整列
「選択したオブジェクトを整列」が未チェックの時は用紙中央に整列

左右中央揃えの応用1

あるオブジェクトを基準にして他のオブジェクトを真ん中合わせさせたい場合には、左右中央揃えの前にいちど左揃え(右揃え)させます。その後で左右中央揃えさせれば、基準のオブジェクトは動きません。ただしこの方法は基準のオブジェクトが他よりも大きい場合だけに有効な方法です。

任意のオブジェクトを基準にした左右中央揃え
円を動かさずに全てのオブジェクトを中央揃えしたい場合は
任意のオブジェクトを基準に左右中央揃えをする場合は先に左揃え
いったん左揃えしてから左右中央揃えを適用すると
任意のオブジェクトを基準にした左右中央揃えが完了
円の位置はそのままで、オブジェクトを中央揃えさせる事ができます

左右中央揃えの応用2

基準のオブジェクトが小さい場合は、新しくガイド用のオブジェクトを作り、それを基に整列させます。まず新しく直線を作り、左右中央揃えの応用1の方法で基準のオブジェクトの中心に配置します。次に同じ大きさのオブジェクトを2つ作り、これを右揃えと左揃えで直線の左右に配置します。この新しく追加した2オブジェクトをグループ化して、これを基準に左右中央揃えを行えば、基準のオブジェクトは動かさずに中央揃えを行う事ができます。

任意の小さなオブジェクトを基準に左右中央揃え
小さい五角形を基準にして真ん中合わせを行ってみます
オブジェクトと直線に左右中央揃えを適用
新しい直線を作り、左右中央揃えで五角形と真ん中合わせにします
左右中央揃えのガイド用オブジェクトを追加
同じ大きさのオブジェクトを2つ追加します
ガイド用オブジェクトをグループ化
新オブジェクトを左揃えと右揃えで直線の左右に配置し、グループ化
任意の小さなオブジェクトで左右中央揃えを行った例
グループ化したオブジェクトを基点に左右中央揃えを行えばOK!

左右に整列

「左右に整列」は、選択したオブジェクト群の両端を基準にオブジェクトを均等配置する機能で、「上下に整列」も同様の規則性で均等配置します。席札のゲスト名を整列させる時などは必須の機能です。オブジェクトが意図しない場所で整列する場合は配置メニューの「選択したオブジェクトを揃える」にチェックが入っている事を確認してください。

左右に整列
オブジェクトを選択した状態で「左右に整列ボタン」をクリック
左右に整列の基準点を説明
均等配置は選択したオブジェクト群の両端が基準になります
左右に整列が適用された状態
均等配置されました!

グリッド線を使った配置

オブジェクトを規則的に配置するには、配置機能を使う以外にグリッド線を使う方法があります。オブジェクトはグリッド線に近付けるとマグネットのように吸い付くので、グリッド線を縦横に巡らせることで複雑な整列が可能になります。席札の形状によって配置機能とうまく使い分けてください。

グリッド線を表示させる

グリッド線の表示/非表示の切り替えは、表示タブ内にある「グリッド線」というチェックボックスで行います。

グリッド線の表示
グリッド線という項目にチェックを入れます
グリッド線が表示された状態
グリッド線が表示されました

グリッドの設定

初期設定ではグリッドは横線だけですが、縦線を加えて方眼紙の様にしたり、グリッドの幅を自由に変更する事もできます。これらの設定は、ページレイアウトタブまたは書式タブの配置ボタンをクリックすると現れるドロップダウンメニューで、「グリッドの設定」という項目を選択して行います。

グリッドの設定
配置ボタンを押すと現れるメニューでグリッドの設定を選択します
グリッド線ダイアログボックス
グリッド線の詳細設定が行えるダイアログボックスが現れました

グリッドに縦線を加える

グリッドに縦線を加えるには、上記の操作で現れるダイアログボックスで「文字グリッドを表示する間隔」という項目にチェックを入れればOK!文字グリッドというのは縦線、行グリッドは横線の事です。グリッドをオブジェクトの配置に使う場合、「表示する間隔」という項目は文字グリッドも行グリッドも1にしておいてください。

文字グリッドを表示する間隔という項目にチェックを入れます
文字グリッドを表示する間隔という項目にチェックを入れます
縦のグリッド線
グリッドに縦線が加わりました

グリッドの幅を調整する

グリッドの幅は「文字グリッドの間隔」「行グリッドの間隔」という項目に数値を入力する事で自由に変更ができます。この項目は1字とか0.5行とかよく判らない単位になっていますが、mmやcmにもキチンと対応していますので、半角で5mmとか1cmなど単位も含めて入力すればOKです!

グリッド線の間隔を変更
半角で5mmとか1cmと入力してください

重なり順の変更

文字や図形(以下オブジェクト)を重ねると、新しく作ったものほど上に表示されます。席札に印刷する文字が図形に隠れてしまう場合などは、この順番を入れ替える必要があります。オブジェクトを選択し、書式タブ内にある「前面へ移動」や「背面へ移動」機能を使うのが基本です。

前面へ移動、背面へ移動ボタンの場所
重なり順の変更は「前面へ移動」「背面へ移動」機能で行います

オブジェクトの選択と表示機能で変更

重なり順はオブジェクトの選択と表示ダイアログボックスの最下部にある並べ替えボタンを押して変更する事もできます。

オブジェクトの選択と表示ダイアログボックス内の並べ替えボタン
並べ替えボタンを押すと重なり順を変更できます

反転印刷

席札作りで転写という技法を使う場合、原稿を反転させて印刷する必要があります。反転には、プリンターの反転印刷機能を使う方法とワードの機能で反転さる方法の2種類があります。

プリンターの機能で反転印刷する

プリンター機能を使った反転は、簡単できれいに印刷できるオススメの方法です。ワードの印刷画面でプリンターのプロパティをクリックしてプリンターの印刷設定ウィンドウを開き、そこに反転印刷の設定があればそのプリンターは反転機能を持っています。

プリンターのプロパティ
印刷設定を行うにはプリンターのプロパティをクリック

反転印刷の設定は、左右反転させる項目が用意されていてそれを選ぶタイプと、転写紙など特定の用紙を選ぶ事で反転になるタイプがあるようです。詳しくはお手持ちのプリンターマニュアルなどでご確認下さい。

項目を選択して反転
左右反転させる項目があるタイプ
用紙設定による反転
特定の用紙を選ぶと反転印刷になるタイプ

ワードで反転させる

プリンターに反転印刷機能が無い場合は、ワードでデータを反転させて印刷します。まず反転印刷したいテキストボックスや図形(以下オブジェクトと呼びます)を全て選択して下さい。複数オブジェクトの選択方法が判らない場合はオブジェクトの選択の章を参考にして下さい。

全て選択
まず反転させたいオブジェクトを全て選択してください

オブジェクトを選択したらそれをコピーし、さらに貼り付けます(複製する)。貼り付けは必ずオプションで「図」というボタンを選択するようにしてください。貼り付け先はこれまで作って来た文書内ではなく、新規ファイルを作成して貼り付けるとその後の印刷がカンタンです。

オブジェクトのコピー
まず選択したオブジェクトをコピーします
貼り付けのオプション
貼り付けはオプションで「図」を選びます

貼り付けた図を選択している状態で書式タブの回転メニューにある「左右反転」を使えばデータが反転しますので、これを印刷すれば反転印刷が行えます。

ワードでオブジェクトを反転
回転メニューの「左右反転」機能でデータが反転します